« もう誰もこの勢いを止められない!(世界の恐怖映像2009) | トップページ | 流行にのったが失敗作(「ビター・ブラッド」 雫井脩介) »

2009年1月16日 (金)

パッケージに騙されるの巻(「ツイてない男」 スティーブン・ドーフ出演)

物を売る時に重要な事があります。勿論その物自体が良い物である事は大切なんですが、優れた経営者やセールスマンは物が何であろうと売ってしまえるスキルを持っています。そのスキルの一つに商品のネーミングとパッケージデザインにあります。内容はさておき名前や箱のデザインで商品を思わず購入した方が殆どの方一度はあると思います。昨日観たB級ホラーコメディー(?)は正しくタイトルとパッケージに騙された典型でした。タイトルは「ツイてない男」と言います。原題は「BOTCHED」で、(やりそこなった)といった感じの意味です。そしてパッケージですが、椅子に縛られた男が横にひっくり返っている絵が書かれています。そしてキャッチコピー「ショーン・オブ・ザ・デッドに嵌った人にお薦め」とあります。この三点からホラーコメディーというのは想像が出来ます。どれだけツイてないのか興味が湧き見てみましたが、ツイない男というタイトルが示すのは初めの10分で終了。後はビルのとある階に閉じ込められ、謎の殺人鬼に追いまわされるスプラッター映画となります。正直全然笑えません。かといって怖さも全くありません。なのにこの映画2007年ニューヨーク・ホラーフィルムフェスティバル作品賞&主演男優賞受賞してます。そんな賞存在すら知りません!(一応主演を「ブレイド」の敵役スティーブン・ドーフが務めています)。おっとここにも優れた広告のテクニックが!人は権威や賞に弱いんです。何か知らないけど賞を受賞していたら面白いに違いないと言う思い込みに上手くのせられています。結果大惨敗の映画でした。逆にこの配給会社の戦略は素晴らしいという事です。何か映画の紹介だかマーケティングテクニックの紹介だか分けが分かんないブログになりました。すいまそん。

|

« もう誰もこの勢いを止められない!(世界の恐怖映像2009) | トップページ | 流行にのったが失敗作(「ビター・ブラッド」 雫井脩介) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パッケージに騙されるの巻(「ツイてない男」 スティーブン・ドーフ出演):

« もう誰もこの勢いを止められない!(世界の恐怖映像2009) | トップページ | 流行にのったが失敗作(「ビター・ブラッド」 雫井脩介) »