« パッケージに騙されるの巻(「ツイてない男」 スティーブン・ドーフ出演) | トップページ | ある意味現代の闇を描いている小説(「パレード」 吉田修一) »

2009年1月17日 (土)

流行にのったが失敗作(「ビター・ブラッド」 雫井脩介)

世間では(警察小説)ブームらしい。勿論昔から警察の内部を描いた小説は沢山あっただろうが、あくまでも表面的な部分で、最近の(警察小説)は今まで描かれなかった内部や詳細まで書かれているのが特徴です。その石鎚を築いたのは横山秀夫さんで間違い無いですが、横山氏のヒットを受け多くの作家が警察小説を書き話題になっています。その波にのってか雫井脩介さんも警察小説を書きました。タイトルを「ビター・ブラッド」といいます。雫井氏といえば「犯人に告ぐ」で一躍有名になったんですが、「あれも警察小説じゃないの?」という声が聞こえてきそうですが、個人的には警察小説ではないと思っています。さて「ビター・ブラッド」ですが、正直失敗作としか言い様がありません。もしかしたら雫井作品の中でのワースト1かもしれません。物語が薄いし、結局何が言いたいのか全く分からないんです。まーよくある警察内の汚職を描いているんですが、そこに実の親子警察という味付けがしてあるだけで何の新しさもありません。ヒネリもないし警察の内部の知らない情報を教えてくれるわけでもありません。結構期待していたので残念で仕方ありません。次作「犯罪小説家」の評判がいいのでそちらに期待です。ガッカリでしたんですが警察の仕事を上手く表現した言葉がありましたので書いときます。「この仕事は延々と続く汚れた床をたった一枚の雑巾で拭くようなものだって気付く。頑張って拭いたって、大して綺麗になんかなりゃしない。その内にこっちも汚れてきて、拭いているんだか汚し合ってるんだか分かんなくなってくるものだ」非常に的確な表現だと一人納得してしまいました。

|

« パッケージに騙されるの巻(「ツイてない男」 スティーブン・ドーフ出演) | トップページ | ある意味現代の闇を描いている小説(「パレード」 吉田修一) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 流行にのったが失敗作(「ビター・ブラッド」 雫井脩介):

» 真野恵里菜がメジャーデビュー [真野恵里菜がメジャーデビュー]
真野恵里菜がメジャーデビュー  期間限定ビデオクリップ動画あり [続きを読む]

受信: 2009年2月 4日 (水) 16時01分

« パッケージに騙されるの巻(「ツイてない男」 スティーブン・ドーフ出演) | トップページ | ある意味現代の闇を描いている小説(「パレード」 吉田修一) »