« デビュー作からいきなり最新作へ(「ラットマン」 道尾秀介 ) | トップページ | ヒーローは何時の間にか神になっていた(「みゅーじん」 神保彰) »

2009年1月26日 (月)

アラウンド40狙い?(「SCENE29」 JaR)

先週AORの巨匠ボズ・スキャッグスの最新作を紹介したばかりですが、今週もAOR好きには涙モノの企画アルバムが登場しました。JaRというユニット名なんですが、二人のメンバーの頭文字をとっているんですが想像つきますか?これだけで分かる人は居ないと思いますので紹介します。JはJay Graydon(ジェイ・グレイドン)で、RはRandy Goodrumです。この名前で感動する人は余程AOR好きだと思いますがどうでしょうか?ジェイは言わずと知れたデビット・フォスターとのユニットAirplayで伝説となり、その後も様々なミュージィシャンのプロデュースや競演を繰り返すサウンド造りの才人です。一方ランディはAOR全盛期時代に自らも名盤を残し、その才能を買われジャンルを越えて楽曲を提供していて、全米ナンバー1もある位です。そんな二人がここにきてユニットを組とは!誰が想像したでしょう。二年の制作期間をかけて製作された「SCENE 29」というアルバムは、そりゃAOR好きに為だけに作られた玉手箱の様な一枚でした。綿密に練られたアレンジ、何処か懐かしい美メロ、そして複雑ながら気持のよいコード進行。どれをとってもあの頃のAORの香りが満載です。良い意味で何も変ってないです。欲を言えばアレンジが少し懲りすぎで、曲の良さが目立ちにくい事、そしてスローチューンがない事でしょうか?AORの中でもメロー&スロウが特に好きなのでそう感じるだけで、大半のAOR好きには大満足な一枚ではないでしょうか?でもこれ売れるのかな?ターゲットは間違いなくアラウンド40。しかもAOR好きに限定とは!それでも日本で一番売れるんでしょう。AORに対して世界で一番理解のある国だからです。

|

« デビュー作からいきなり最新作へ(「ラットマン」 道尾秀介 ) | トップページ | ヒーローは何時の間にか神になっていた(「みゅーじん」 神保彰) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アラウンド40狙い?(「SCENE29」 JaR):

» 山中で発見の遺体、身元判明…松山の21歳女性 [山中で発見の遺体、身元判明…松山の21歳女性]
松山市の山中で24日、若い女性の遺体が見つかった事件で、女性は同市余戸南、無職西山良枝さん(21)とわかった。  愛媛県警が25日発表した。司法解剖の結果、女性の死因は、首を絞められたことによる窒息死で、県警は殺人・死体遺棄事件と断定、松山東署に捜査本部を設置した。  発表によると、死後2日以内で、首に内出血の跡があった。23日夜から24日未明にかけて遺棄されたとみられる。... [続きを読む]

受信: 2009年1月26日 (月) 13時06分

« デビュー作からいきなり最新作へ(「ラットマン」 道尾秀介 ) | トップページ | ヒーローは何時の間にか神になっていた(「みゅーじん」 神保彰) »