« 天才ゆえの孤独(「僕のピアノコンチェルト」 テオ・ゲオルギュー) | トップページ | 結局世間は評判に流されるのね(「チーム・バチスタの栄光」海堂尊) »

2008年12月 6日 (土)

進化し続ける作家(「儚い羊たちの祝宴」米澤穂信)

ついこの間新作(とはいっても一年前の本ですが)である「インシテミル」を読んだばかりの米澤穂信さんですが、友人のお蔭で出たばかりの最新作「儚い羊たちの祝宴」をお借りして読みました。この本は短編集なんですが、本の帯にもあるように(ラスト一行の衝撃にこだわった)ミステリーです。掲載されている話に関係性はありませんが、ただ作中に必ず(バベルの会)という大学の読書サークルの存在が出てきます。それぞれの物語に最後に衝撃のオチや、大ドンデン返しが用意されています。ライス一行と言うのは少し大げさですがそれぞれの作品が見事にひっくり返ります。この手の技法は色んな作家さんが試みますが、強引過ぎたり途中で行方が分かったりしてしまう事が多いです(それを発見するのも一つの楽しみではあるんですが)。しかし米澤氏は見事に自然に落としています。元々ライトノベル出身で、それ系の作品は読まないので米澤作品に触れるのは「犬はどこだ」「ボトルネック」「インシテミル」と本作で四作目ですが、読むたびにレベルアップしている気がします。今回の作品は今までの作品と違いかなりダークな話と言われていますが、個人的には米澤作品の読了感は総てどこか暗いイメージを残す感じがするので、意外にこの点が作者の持ち味なのかもしれません。でも凄いなー本と飽きる事無くサクッと読めるし飽きさせない。今後もドンドン進化していく作家さんな気がします。

|

« 天才ゆえの孤独(「僕のピアノコンチェルト」 テオ・ゲオルギュー) | トップページ | 結局世間は評判に流されるのね(「チーム・バチスタの栄光」海堂尊) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 進化し続ける作家(「儚い羊たちの祝宴」米澤穂信):

« 天才ゆえの孤独(「僕のピアノコンチェルト」 テオ・ゲオルギュー) | トップページ | 結局世間は評判に流されるのね(「チーム・バチスタの栄光」海堂尊) »