« 最新本格派ミステリー?(「インシテミル」米澤穂信) | トップページ | 下心的ジャケ買い(「Moon River」 Nicki Parrott) »

2008年11月16日 (日)

お子様向け夜のミステリー(「インデイゴの夜」 加藤実秋)

第10回創元推理短編賞受賞作である表題作を含む、四作の連作短編集を読みました。表紙に綾辻行人・有栖川有栖・加納明子 全選考委員絶賛!と書かれていたのにつられて古本屋で購入しました。この作品がデビューとなる加藤実秋(かとう・みあき)さんの「インディゴの夜」という本です。上記の表紙のコピーに惹かれたので、ろくに内容など確かめずに買ったのですが、内容は渋谷にあるホストが舞台のライトミステリーでした。インディゴとはホストの店の名前で、面白いのがそのオーナーが実は本職がライターで、昼は分けの分からない本のゴーストライターをやっています。女性にも関わらず前立腺の本や、30代にも関わらず更年期障害の企画を持ち込まれます。本筋とは関係ないシーンですが、結構このシーンはお気に入りです。この間抜けと言うかホノボノしたシーンがあり、打って変わっての夜のホストで起こる奇異な臭い事件との対比が活きてきます。ミステリーとしての謎は薄いですし、それ程筆力がある感じではないですが、それぞれのキャラクターの作り方は上手く、読み終わる頃には結構愛着が湧いている不思議な本です。夜を題材にしながら是ほどまでに爽やかに読ませるミステリーは稀有な存在だと思います。ミステリー初心者・夜の世界の初心者(?)には最適の入門書だと思います。最後に気になった一文を書いておきます。愛情に飢えてプリクラを撮影する事でしか楽しみを見出せない少女の物語のワンシーンの言葉です。「いつの間にか想い出は意図的に、しかも機械で作られるものに変ったらしい」言い得て妙ですね。

|

« 最新本格派ミステリー?(「インシテミル」米澤穂信) | トップページ | 下心的ジャケ買い(「Moon River」 Nicki Parrott) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お子様向け夜のミステリー(「インデイゴの夜」 加藤実秋):

« 最新本格派ミステリー?(「インシテミル」米澤穂信) | トップページ | 下心的ジャケ買い(「Moon River」 Nicki Parrott) »