« 新生(馳星周)の生誕祭(「生誕祭」馳星周) | トップページ | 役者程のインパクトは無い(「JENNIFER HUDOSON」 ジェニファー・ハドソン) »

2008年11月24日 (月)

彼女の20年に渡るメッセージは伝わったのか?(「OUR BRIGHT FUTURE」TRACY CHAPMAN)

アフリカ系アメリカ人として生まれ、様々な差別や偏見を受けながら子供時代を過し、その時に感じた事を歌にしてデビューした女性ボーカルが居ます。デビューアルバムが世界中で1000万枚を売上げ、グラミー賞四部門まで受賞したTRACY CHAPMAN(トレーシー・チャップマン)という女性です。その後も世界に対してメッセージを送り続けていて来た彼女は、今年でデビュー20周年だそうです。20周年を記念して通算7枚目の最新アルバムをリリースしてきました。4枚目まではちゃんと聞いてきたんですが、2000年代に入ってからの2枚はノーチェックでした。さて3年ぶりの最新作「OUR BRIGHT FUTURE」ですが、感想としては良くも悪くもデビュー作と何ら変りが無いということです。逆に一反デビュー作を造った時の気持に戻り、原点回帰したかのような静かな内容となっています。このアルバムを聞くとやはり彼女の持ち味は朴訥としたメロディーとメッセージにあることが分かります。英語が堪能な分けではないので、彼女の伝えたい事は殆ど理解出来ないですが、感覚は伝わります。今回のテーマは(生き抜くこと)だそうで、タイトルの「私達の輝く未来」に向う現在は生きるには非常に困難時代で、生きるという当たり前の事さえ難しい。彼女はそんな世界を嘆き憂いながら、それでも私達の未来は輝かしいと唄っています。20年間彼女が世界に向けて送りつづけてきたメッセージは人々に届いたんでしょうか?返答に窮します。しかし初の黒人大統領が誕生もした事だし、全く変化がなかった分けではありません。悲しいのはそんな明るいニュースの裏で、より悪くなっていっている世界の現状が存在すると言うことです。今作のジャケはトレイシーが分かれ道の前に佇んでいます。先には二手に分かれた道が伸びています。どちらを選べば輝かしい未来が待っているのか?それは私達自身の心で決めなさい!と彼女に問い掛けられている印象です。静かな彼女のメッセージをしっかり受け止めてください。

|

« 新生(馳星周)の生誕祭(「生誕祭」馳星周) | トップページ | 役者程のインパクトは無い(「JENNIFER HUDOSON」 ジェニファー・ハドソン) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 彼女の20年に渡るメッセージは伝わったのか?(「OUR BRIGHT FUTURE」TRACY CHAPMAN):

« 新生(馳星周)の生誕祭(「生誕祭」馳星周) | トップページ | 役者程のインパクトは無い(「JENNIFER HUDOSON」 ジェニファー・ハドソン) »