« 懐かしいヨーロッパ映画の香り(「ミスター・ロンリー」ハーモニー・コリン監督) | トップページ | 天高く馬肥ゆるラジオ(FM豊橋) »

2008年10月14日 (火)

短編らしく手短に(「ドリームタイム」「約束」「むかしのはなし」)

先日このブログで紹介しましたが、瀬名秀明さんの「デカルトの密室」が余りにも難解で途中でクールダウンをしないと読み進められなかったので、読了するまでの間に幾つか短編を読み終えましたので本日は手短に紹介をば。先ずは結構個人的に辛らつな事ばかり言っている作家石田衣良氏の「約束」です。テーマは様々な難題や苦悩からの再生。帯びにも(絶対泣ける作品集)とあります。あーあざとい話なんだろうなーと思い読み出しましたが、石田作品の中では私には読めました。印象に残った言葉は(どんなものでも所詮金儲けに過ぎない。同時に誰一人金のためだけに働く人間はいない)でした。二冊目は今年出会い大好きになった作家三浦しおんさんの「むかしのはなし」です。「かぐや姫」や「浦島太郎」などの誰でも知っている昔話をベースに、現代の話に作り上げた連作短編集です。試みは非常に面白いんですが、三浦さんらしい繊細なセリフが無かったのが残念。非常に読みやすくイイ意味でも悪い意味でもサクッと読めました。最後に私と感性が似ていると勝手に思っている田口ランディさんの「ドリームタイム」という一冊です。普段から不思議な事や、目には見えない気配に敏感な作者の不思議な短編集です。傑作コラム「オカルト」の流れを汲む物語です。コラムの形式をとっていた「オカルト」と決定的に違うのは、(当然ですが)物語としてちゃんと完結しています。今回読んだ中では一番面白く読めました。決して小説して完成しているから面白いと言うのではなく、皮膚感覚で楽しめたというのがピッタリです。ピエロの格好をして一日公園で立っている青年の物語の中に印象的な言葉がひとつありましたので最後に書いておきます。「何かをするのが苦痛なんです。でも生きている限り何かをしないわけにはいかないので、何もしないということをしているのです」何かを生産しない人間は人間では居られなにのでしょうか?つくづく人間とはめんどくさい生き物だと実感しました。

  

|

« 懐かしいヨーロッパ映画の香り(「ミスター・ロンリー」ハーモニー・コリン監督) | トップページ | 天高く馬肥ゆるラジオ(FM豊橋) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 短編らしく手短に(「ドリームタイム」「約束」「むかしのはなし」):

« 懐かしいヨーロッパ映画の香り(「ミスター・ロンリー」ハーモニー・コリン監督) | トップページ | 天高く馬肥ゆるラジオ(FM豊橋) »