« どうした!珍しく駄作だぞ!(「孤宿の人」宮部みゆき) | トップページ | 砂漠に潤いを与える音楽(「Carried To Dust」Calexico) »

2008年9月 7日 (日)

前作よりはイケテルかな?(「警察庁から来た男」佐々木譲)

何時の間にか「このミステリーがすごい」の常連になっている佐々木譲氏です。昨年は何と「警察の血」で栄光の1位まで獲得してしまいました。凄い!何が佐々木氏を突然変えたのでしょうか?そのキッカケとなった作品「笑う警官」の続編。道警シリーズ第二段「警察庁から来た男」を読みました。前作で同僚刑事の悪事をうたった刑事が今回も活躍します。タイトル通り警察庁から来たキャリアの警視の手足となって腐敗する警察内部を炙り出します。内容としてはそれ程斬新な点は全くありませんが、リズム感もよくサクッと読み終える事ができました。一応続編の形をとっているので、何人か前作にも出てきた登場人物が登場するのですが、二作目にきてキャラの個性が確立して非常に愛着が湧きました。今後もこのシリーズが続けば更に面白くなるのではないかと思います。今後に物凄く期待です。尚明日は遅い夏休みを頂き温泉に行ってきますので、書き込みできませんので悪しからず。

|

« どうした!珍しく駄作だぞ!(「孤宿の人」宮部みゆき) | トップページ | 砂漠に潤いを与える音楽(「Carried To Dust」Calexico) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 前作よりはイケテルかな?(「警察庁から来た男」佐々木譲):

» 佐々木譲 [ただしの日記]
?(「警察庁から来た男」佐々木譲 何時の間にか「このミステリーがすごい」の常連に... [続きを読む]

受信: 2008年9月25日 (木) 22時29分

« どうした!珍しく駄作だぞ!(「孤宿の人」宮部みゆき) | トップページ | 砂漠に潤いを与える音楽(「Carried To Dust」Calexico) »