« 本日は沖縄デー(FM豊橋) | トップページ | これぞ作者の持ち味(「神様からひと言」荻原浩) »

2008年8月 7日 (木)

作者初の短編集(「押入れのちよ」荻原浩)

荻原浩さんの短編集「押入れのちよ」を読みました。何とこれが初の短編集だそうで、何冊も出ていると思っていたのでちょっと意外でした。帯びには(ぞくりと切ない、9夜の物語)と書いてあるので、ホラー短編集だということが直ぐに理解できます。荻原さんの作品でホラーテイストだったのは「噂」ぐらいだった気がするので、作者にとっては新たなジャンルに挑戦した感じの短編集です。さて今までに腐るほどホラー小説を読んできた私を、どれほど満足させてくれるか興味津々で読みました。結果的にはホラー小説ではありません。というか怖い話というよりは不思議な話の短編集です。あえて言うなら「ミステリーゾーン」や「世にも奇妙な物語」のテイストです。苦言を少し言うとしたら、どの話も昔どこかで読んだり、映画で観た感じの話が多い気がします。それ程本を読まない人には斬新に思える話かもしれませんが、オチの持っていき方などは結構古典的です。その中でも一番出来がいいと感じたのは表題作「押入れのちよ」でした。これも怖い話というよりは荻原さんらしい、ほのぼのした感動話になっています。個人的には荻原さんはホラー分野はそれ程ベストマッチでは無い気がします。明日も荻原氏の本について書きます。

|

« 本日は沖縄デー(FM豊橋) | トップページ | これぞ作者の持ち味(「神様からひと言」荻原浩) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 作者初の短編集(「押入れのちよ」荻原浩):

« 本日は沖縄デー(FM豊橋) | トップページ | これぞ作者の持ち味(「神様からひと言」荻原浩) »