« ヒント出しすぎ(放送禁止5 しじんの村」・放送禁止6「デスリミット」) | トップページ | 有終の美(「九月が永遠に続けば」沼田まほかる) »

2008年8月29日 (金)

高熱でうなされたまどろみの様な小説(「エピタフ」あせごのまん)

第12回ホラー小説大賞短編賞の「余は如何にして服部ヒロシとなりしか」で、ぶっ飛んだ作風でデビューしたあせごのまんさんの二作目作品集「エピタフ」を読みました。三篇の中篇からなる作品集なんですが、デビュー作が一作一作作風が変えてあり、どんな事も出来るよ!という意思表明でもあり、逆に本当の持ち味はどれなんだ?という疑問を残した作品だけに、この二作目は興味津々で読んでみました。結果前作よりもよりマニアックな作風が持ち味と言う事に気付かされました。前作にもあったんですが、地方の方言をそのまま使った作品群はおぞましいというよりは、自分が今何処に立っていて、現実なのか夢なのか判断不可能になる感じの掴み所の無い浮遊感のある作品です。高層ビルが立ち並ぶ近代的な都会の街の。不意に曲がって迷い込んだ路地裏にある、取り残されたジメジメした旧い長屋に、ドッキリさせられる瞬間に似ています。但しホラーとしては怖さが少ない分、そういう点を求めて読む方には全く面白くない話だと思います。私個人的には物凄く大好きな作風の作品です。作者の筆力がもう少し簡潔に書き上げられる力がついたら直木賞狙える人ではないかと思います。ホラー小説大賞は本当に面白い新人発掘しますね。

|

« ヒント出しすぎ(放送禁止5 しじんの村」・放送禁止6「デスリミット」) | トップページ | 有終の美(「九月が永遠に続けば」沼田まほかる) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高熱でうなされたまどろみの様な小説(「エピタフ」あせごのまん):

» MUTEKIからAVデビューする有名人リストが流出した!しかも確定済みで収録済みも確認できた! [第1弾は三枝実央 第2弾が吉野公佳 第3弾が尾崎ナナと順序良く収録が終わっている芸能人専門AVメーカーMUTEKI]
MUTEKIのデビューリストと同じく流出した第1弾の三枝実央、第3弾の尾崎ナナが出演するMUTEKI発AVをご紹介!作品の短さからPVの可能性大! [続きを読む]

受信: 2008年8月29日 (金) 15時19分

« ヒント出しすぎ(放送禁止5 しじんの村」・放送禁止6「デスリミット」) | トップページ | 有終の美(「九月が永遠に続けば」沼田まほかる) »