« 盆休み無し(FM豊橋) | トップページ | 裏切られた私(「クールトラッシュ 裏切られた男」戸梶圭太) »

2008年8月14日 (木)

意表をつかれました(「好きよ」柴田よしき)

柴田よしきさんという女性作家が居ます。多作な作家さんで、その上テーマも多彩なんです。ハードボイルドでデビューしてから、奇伝・ホラー・恋愛・ミステリー・SFなど驚くべき多くのジャンルに挑戦してきています。正直当たり外れがあるのも事実ですが、時折とてつもない名作を書く作家さんでもあります。さて今回読んだ作品のタイトルは「好きよ」と言います。タイトルと文庫の表紙だけ見ると、今回は恋愛物か?と勝手に勘違いして読み始めたのですが、全く想像外の奇伝ミステリーでした。特別な力を持つ一族に生まれた主人公の女性は、そんな事など露知らず東京でOLしながら暮らしています。その時期彼女の生まれた離島では、守り神である石が割れ不吉な物が復活するという伝説が実現しそうな感じになっていました。島の人は彼女を呼び戻そうと探し始めます。一方彼女は偶然出合った、空間デザイナーに惹かれます。しかし実は彼こそ悪の化身の手先だったんです。さて彼女の運命は!という感じのストーリーです。柴田氏の作品の「炎都」シリーズ+ミステリーといった感じなんですが、正直色んな事を詰め込みすぎで消化不良な感は否めません。タイトルの持つ意味も後半分かるのですが、全然必要ない感じがしました。今回は外れです。残念・・・。

|

« 盆休み無し(FM豊橋) | トップページ | 裏切られた私(「クールトラッシュ 裏切られた男」戸梶圭太) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 意表をつかれました(「好きよ」柴田よしき):

« 盆休み無し(FM豊橋) | トップページ | 裏切られた私(「クールトラッシュ 裏切られた男」戸梶圭太) »