« ライトノベル系ホラー小説(「死相学探偵1 十二の呪」三津田信三) | トップページ | 正に夏子の酒を地で行く酒蔵(「酒屋八兵衛」) »

2008年8月22日 (金)

ホラー+ミステリーは今や流行り(「禍家」三津田信三)

本日も昨日に続き三津田信三さんの作品について書きます。昨日紹介した「死相学探偵1 十二の呪」と打って代わって、タイトルも表紙もホラー小説です!という主張が表れている「禍家・まがや」を読みました。禍と言う字は(禍々しい)からとっていて、忌まわしいという意味があります。つまり忌まわしい家。何か大ヒット映画「呪怨」の様です。両親の突然の死により祖母と二人で、見知らぬ街の旧い洋館に引っ越してきた主人公ですが、街に入った瞬間にデジャブに襲われます。それもそのはず彼はこの町で生まれたんです(後々分かる事ですが)。怪しげな家に住み始めた途端に霊現象に襲われます。何故?自分だけにと思い調べ出すと、過去にあった自分に纏わる殺人事件の真相がわかります。実は怖いと思っていた霊は、自分に危険を知らせる存在だったんです。本当の敵は?事の真相は?といった感じのホラーでもありながら、ミステリー色の強い作品に仕上がっています。確かに昨日の作品よりは正統派ホラー小説となっていますが、正直怖いと言う感じは薄いです。どちらかというとミステリーとしての衝撃の方が強い感じがします。それでも得体の知れない存在が現れる場面の足元から這い上がってくる様なザワザワ感は、三津田氏独特の文章表現で楽しめます。しかし満足はしてません!何時か凄い作品を書く予感ある作家さんなので、今回の二作品は辛口評価です。ホラー+ミステリーと言う形式。京極夏彦以来多い気がします。同時期に注目されだした道尾秀介さんや三津田信三さん。今後どう殻を破るかが楽しみです。

|

« ライトノベル系ホラー小説(「死相学探偵1 十二の呪」三津田信三) | トップページ | 正に夏子の酒を地で行く酒蔵(「酒屋八兵衛」) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホラー+ミステリーは今や流行り(「禍家」三津田信三):

» 京極夏彦の本を読む [京極夏彦の本を読む]
分厚いあの本に挑んでみました 表紙が可愛らしくないどころか心臓に悪いので注意。 [続きを読む]

受信: 2008年8月22日 (金) 18時29分

« ライトノベル系ホラー小説(「死相学探偵1 十二の呪」三津田信三) | トップページ | 正に夏子の酒を地で行く酒蔵(「酒屋八兵衛」) »