« やはり音楽はメロディーが大切(「WE SING.WE DANCE.WE STEAL THINGS.」JASON MRAZ) | トップページ | 映画の原点アはワクワク・ドキドキ(「アポカリプト」メル・ギブソン) »

2008年8月 3日 (日)

キラキラのポップス(「JIM」Jamie Lidell)

イギリスは音楽的に面白い国です。偉大なるビートルズを産んだというだけでも凄い国なんですが、あの隔離された小さな島国なのに、何故何十人もの異彩を放つアーティストが登場するのだろう?昔から不思議でしょうがない。そんなイギリスからまた一人私をニンマリさせるミュージシャンが登場しました。彼の名はJamie Lidell(ジェイミー・リデル)と言います。正直全く前情報はなかったのですが、テクノ音楽の分野では既に有名なアーティストだそうです。それ程エレクトリックな分野は興味が無いので普段ならスルーするんですが、音楽雑誌の情報でソウルアルバムだと聞いて興味深々で聞いてみました。そしたらどうでしょう一曲目からキラキラのノーザンソウルサウンド炸裂ではないですか!その他もR&B・フアンク・ポップと、非常にキャッチーで御機嫌なナンバーが続きます(表現が古臭くてスイマセン)。元々テクノ分野だったとは思えない、全曲生演奏で私好みです。日本での認知度はまだまだですが、イギリス本国では凄い人気で、BECKやELTON JOHNのツアーの前座も務めるほどだそうです。正直新しくて斬新な音ではありませんが、古くからのソウル・ロックファンにはワクワクする音です。最後になりましたがタイトルは「JIM」といいます。40歳オーバーには何処か懐かしい音だと思います。

|

« やはり音楽はメロディーが大切(「WE SING.WE DANCE.WE STEAL THINGS.」JASON MRAZ) | トップページ | 映画の原点アはワクワク・ドキドキ(「アポカリプト」メル・ギブソン) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キラキラのポップス(「JIM」Jamie Lidell):

« やはり音楽はメロディーが大切(「WE SING.WE DANCE.WE STEAL THINGS.」JASON MRAZ) | トップページ | 映画の原点アはワクワク・ドキドキ(「アポカリプト」メル・ギブソン) »