« 暑い夏はキューバ音楽(FM豊橋) | トップページ | ホラー+ミステリーは今や流行り(「禍家」三津田信三) »

2008年8月21日 (木)

ライトノベル系ホラー小説(「死相学探偵1 十二の呪」三津田信三)

ここ二年程「このミス」で評判になっている作家三津田信三(みつた・しんぞう)さんという人物が居ます。ホラーミステリー毛というジャンルなので、完全に私向けだという実感がありましたが、中々古本で発見できませんでした。しかしこのお盆に要約二冊手に入れる事が出来ました。本日はその一冊「死相学探偵1 十二の呪」を紹介します。三津田さんの名前を見つけた時は物凄く嬉しかったんですが、正直表紙を見て少し引きました。だって私が嫌いなライトノベル系の表紙だったからです。想像では物凄く怖い系の小説を書く人だという印象があったので????マークつきまくりでした。それでも念願の三津田作品なので、ワクワクしながら読み始めました。主人公は子供の頃から死に纏わる影が見える不思議な力を持った青年。祖母も拝み屋をする霊能者です。自立する為に東京で探偵事務所を開きますが、これが普通の探偵ではなく霊現象専門の探偵事務所なんです。そこにあらわれた一人の少女。結婚前の旦那を不可解な死因で亡くし、更に残った家族にも連続して不幸が訪れる予感がするので、助けて欲しいと。初めは嫌々だったのですが、舞台となる館に向かうと禍々しい存在を感じ引き受けることにします。その間も一人・二人と一族の人間が死んでいきます。さて犯人は?人間?悪霊?といった感じの内容です。表紙からも分かるように、かなりライトな作りになっているので、それ程怖さやオドロオドロしさはありません。文章も読みやすいのサクッと読了出来ました。正直読む前の期待度が余りにも高かったので、肩透かしをくらった感じです。でも決して面白くないわけではありません。初めに読んだのがこの作品だったという事がミステイクだったかもしれません。悶々したままなので続けて三津田作品読みましたので。明日も書きます。

|

« 暑い夏はキューバ音楽(FM豊橋) | トップページ | ホラー+ミステリーは今や流行り(「禍家」三津田信三) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ライトノベル系ホラー小説(「死相学探偵1 十二の呪」三津田信三):

» サラリーマン川柳〜せつなくて、おかしいね〜 [サラリーマン川柳〜せつなくて、おかしいね〜]
人気急上昇◎ 切なくもおかしいリーマンたちの心の叫びを17文字にこめるんだぜ! [続きを読む]

受信: 2008年8月21日 (木) 12時58分

« 暑い夏はキューバ音楽(FM豊橋) | トップページ | ホラー+ミステリーは今や流行り(「禍家」三津田信三) »