« ミステリーは添え物(「聖域」大倉崇祐) | トップページ | 本当は怖い童歌(「子守り首」福谷修) »

2008年6月25日 (水)

罪ではなく咎(「永遠の咎」永瀬隼介)

人間社会で生きていく以上法律は順守しなければいけません。その法律を破れば罪を背負う事になります。罪と同じ様な意味合いの言葉に(咎・とが)という言葉があります。法律などのルールで負う罪とは違い、人間としての心に何時までも残るものを(咎)といういのでしょう。さてその(咎)という漢字を持つ本を読みました。タイトルは「永遠の咎」と言います。作者は永瀬隼介(ながせ・しゅんすけ)といいます。永瀬氏の本は「サイレントボーダー」「アッシュロード」「ポリスマン」の四冊目です。元々ノンフィクションライターだった経験を生かした、リアル感のある社会的問題をミステリー仕立てにして来た作者ですが、フィクションライター歴が長くなった所為か、だんだんリアル感がなくなってきている気がします。今回も無許可育児所や片親や虐待などの現実に溢れている社会問題を柱にしているのですが、何故かリアル感薄く感じました。これを歓迎する人も居るとは思いますが、私は永瀬さんの良さが薄れた気がしてなりません。それでも文章力の上手さとテンポの良さは相変わらずで、一気読みは出来ます。個人的にはもう少し深い社会派小説お願いしたいです。

|

« ミステリーは添え物(「聖域」大倉崇祐) | トップページ | 本当は怖い童歌(「子守り首」福谷修) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 罪ではなく咎(「永遠の咎」永瀬隼介):

« ミステリーは添え物(「聖域」大倉崇祐) | トップページ | 本当は怖い童歌(「子守り首」福谷修) »