« タイトルに隠された幾つもの意味(「サクリファイス」近藤史恵) | トップページ | これ映画じゃねぇな!(「ザ・マジックアワー」三谷幸喜監督) »

2008年6月 9日 (月)

白乙一の傑作集(「失はれる物語」乙一)

「切ない」という言葉があります。現在では主に恋愛の時に使われる事が多い言葉です。しかし「切ない」という言葉は様々なシュチエーションで使う事が出来ます。その様々な「切ない」のパターンを物語にした短編集を読みました。乙一さんの「失はれる物語」という一冊です。元々乙一さんがライトノベルで発売した短編集「きみにしか聞こえない」「さみしさの周波数」「失踪HOLIDAY」の三冊から名作を抜き出し纏めたのがこの一冊だそうです。流石ベストの作品だけのチョイスなので外れの作品は無いです。世間で言われる(白乙一)の傑作短編集とでも言いましょうか?兎に角出来栄えはイイです。話題になった(黒乙一)作品群とは色合いが違い、残酷描写も性的描写もないので完全なるライトノベル作品だというのが分かります。何処にでも居そうな少し社会から外れた存在を主人公にして、青春時代特有の苦悩や青さを爽やかに描いてあります。そして最後には「切ない」想いに溢れさせてくれます。う~ん上手い!正直殺伐とした黒作品より乙一さんはこちらの方が本来の持ち味だと思います。たまたまデビュー作がホラー小説だったので、ホラー小説を書かされているキライはありますが、この「切なさ」を上手く書ける人はそうは居ないと思います。ぜひこの路線をもっと多く書いて欲しいものです。万人向けの傑作集です◎

|

« タイトルに隠された幾つもの意味(「サクリファイス」近藤史恵) | トップページ | これ映画じゃねぇな!(「ザ・マジックアワー」三谷幸喜監督) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 白乙一の傑作集(「失はれる物語」乙一):

« タイトルに隠された幾つもの意味(「サクリファイス」近藤史恵) | トップページ | これ映画じゃねぇな!(「ザ・マジックアワー」三谷幸喜監督) »