« ヘタこいた!(「ブラックペアン1988」海堂尊) | トップページ | 俺達に衣替えは無い!(ゆるキャラカップ) »

2008年5月31日 (土)

家に纏わる不思議な話(「家守」歌野晶午)

家をモチーフにしたホラー映画は意外に多いです。人間が人生で一番長く過す場所ですから、想いみたいな物が蓄積して、その想いが別の物に姿を変えて表れる、というパターンのホラー映画は多いです。何気ない日常生活の中に突如として歪んだ世界が現れるのですから、その落差がもの凄い違和感と恐怖を生みます。昨日読んだ歌野晶午(うたの・しょうご)さんの短編集「家守・やもり」も家に関する不思議な話を纏めた一冊です。しかしホラーではありません。時に怖い話もあるのですが、あくまでも霊現象ではなく人間自身の持つ執着心や業です。歌野さんの短編を読むのは初めてでしたが、物凄く楽しめた一冊でした。長編では声が出る程のトリッキーな仕掛けの多い作品を書く作者ですが、この作品集は王道のミステリーという感じで好感が持てました。平和な日常生活の中で人は怖い事考えている物なんですね。時に自分の生活を照らし合わせるとゾーッとする話もありますので、心にやましい事がある方は御注意を。

|

« ヘタこいた!(「ブラックペアン1988」海堂尊) | トップページ | 俺達に衣替えは無い!(ゆるキャラカップ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 家に纏わる不思議な話(「家守」歌野晶午):

« ヘタこいた!(「ブラックペアン1988」海堂尊) | トップページ | 俺達に衣替えは無い!(ゆるキャラカップ) »