« 普段は隠された才能(坂崎幸之助) | トップページ | 難しいからこそ(「誘拐ラプソディー」荻原浩) »

2008年2月17日 (日)

ベタということは一般的という事(「真夜中のマーチ」奥田英郎)

「最悪」「邪魔」というどん底に落ちた人々のこれでもか!と言うくらいの悲惨な人生を描いた作品で颯爽とデビューしヒットを続けた作家さんがいます。奥田英郎(おくだ・ひでお)さんと言います。その二作品の衝撃が凄く、また個人的に物凄く好きな話だったので一遍にファンなりました。しかしその二作品以降は全く作風が変りました。一般的に出世作となった「イン・ザ・プール」「空中ブランコ」のイカレタ精神科医シリーズは、直木賞も受賞し映画かもされました。これこはこれで非常の面白い作品で楽しく読めました。それでも私の中では奥田氏と言えば最初の二作品が本当の姿だ信じてやまない状態でした。しかしそろそろその考え方を改めた方がいいのかも?と思うようになって来ました。昨日「真夜中のマーチ」という作品を読み終えたのですが、これがまた軽快な犯罪コメディーと言う感じで底抜けに明るい!ここまで来ると本当はこちらの方が奥田氏の本質なんだろうと認識しないといけなーと一人納得しました。まー世間の受けもこちらの方がイイのは間違いなさそうですからね。肝心の内容を書いてませんでしたね。簡単に言えば悪い事で稼いだお金をそれぞれ個性の違う男二人と女一人の凸凹トリオが、様々な方法で現金を強奪しようとするのですが、そこに中国マフィアから日本のヤクザなどが絡んできて、くんずほぐれつの大混乱となります。昔から良くあるベタなストーリーですが、良くあると言う事はそれだけ沢山の人に受け入れられやすいという事です。今作品もそれ程普段読書をし無い方でも気軽に楽しめる一冊だと思います。 

|

« 普段は隠された才能(坂崎幸之助) | トップページ | 難しいからこそ(「誘拐ラプソディー」荻原浩) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ベタということは一般的という事(「真夜中のマーチ」奥田英郎):

« 普段は隠された才能(坂崎幸之助) | トップページ | 難しいからこそ(「誘拐ラプソディー」荻原浩) »