« 京極風恋愛怪談 | トップページ | 伝統にするな! »

2007年11月17日 (土)

新たなる挑戦

デビュー作が大ヒットしてしまうとその後の作家活動がどうにもやりにくくなる事があります。読み手は何時までもそのイメージを追い求めて来るからです。今や夜の世界(ホストやスナック)のお店のベタな名前として定着してしまった「不夜城」という名前は、馳星周の衝撃的なデビュー作により一般的に認知された名前です。内容も斬新でノワール小説の日本での第一人者という地位をこの一作で確立しました。その後も日本だけでなくアジアを舞台にノワール小説を書きつづけてきました。お蔭で馳星周氏はノワール作家としての地位は完全に確立したんですが、どの話も結構似てしまうという問題も出てきたのも事実です(ファンにはそれが堪らないのでしょうが・・・)。そこで自らの出世作である「不夜城」の完結編「不夜城3」を書き上げ一区切りをつけました。その新たなる挑戦の一作目「楽園の眠り」を読みました。今回のテーマは幼児虐待です。今までの主人公が犯罪者だったのに対して、今回は何故か幼児虐待をしてしまう刑事です。非常に重たいテーマなんですが、馳氏ながらのテンポの良い展開で飽きさせず最後まで読ませてくれます。過去の馳氏の作品に比べるとノワールの部分はかなり押さえ気味ですが、その分主人公や子供を誘拐して逃げ回る女子高生の人間描写は今までに無いくらい書き込んであります。多分馳氏はこの人間をより書き込む小説を書いていきたいのでは?と一人思いました。さてテーマの幼児虐待ですが、主人公は当然なんですが、その子供を守る為に子供を連れまわした女子高生も終盤言う事を聞かない子供に思わず折檻してしまいます。そして事件が解決して新しい生活を送り出した矢先に、またも始まる虐待・・・。痛ましい終わり方ですが、誰にも心の闇があり、何かの拍子に虐待をしてしまうというおぞましい人間の業を見せ付けられます。作品としては物足りないですが、馳氏の新たなる挑戦としては非常に興味深く読めました。

|

« 京極風恋愛怪談 | トップページ | 伝統にするな! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新たなる挑戦:

» 同僚派遣員からの連絡 [http://www.deli-hell.com/]
デリ地獄情報最前線!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!! [続きを読む]

受信: 2007年11月17日 (土) 14時16分

» ビビ・ワン(王婉霏)ヘア露出写真と動画 [ビビ・ワン(王婉霏)ヘア露出写真と動画]
韓国の新車ショーでヘアを露出させたビビ・ワン(王婉霏)のヘア露出写真と動画をネット上で発見しました〜。 [続きを読む]

受信: 2007年11月17日 (土) 16時40分

« 京極風恋愛怪談 | トップページ | 伝統にするな! »