« SFティストのホラー | トップページ | 飲む事、書くこと、演奏する事 »

2007年10月 1日 (月)

似て非なるもの

昨日紹介した平山夢明さんの「独白するユニバーサル横メルカトル」を読んでいて、ふとある一人の作家が頭に思い浮かびました。その人の名を小林泰三(こばやし・やすみ)と言います。「玩具修理者」で第二回日本ホラー小説短編大賞を受賞して文壇デビューしました。今でこそSFホラーという言葉がありふれた言葉の一つになりましたが、その当時小林さんの書く世界観は初めて触れる奇妙な歪んだ世界でした。純然たる日本古来からあるホラー(怪談)のジメジメ感を持ちながら、近未来的なデジタルな無機質感も感じさせる小林ワールドでした。その後も「人獣細工」「肉食屋敷」と、古本屋で見つけるたびに購入して世界観に嵌っています。流石にデビュー作からどんどん表現力も筆力も向上をして、最近の作品は独特の世界観だけでなく物語りとしても「上手い!」と唸らせる出来栄えの作品が多くなっています。昨日の平山氏と小林氏の違いは、やはり理系脳と文系脳の違いだと感じます。同じ様な事を書いているのですが、平山氏は何処か数学的な文章展開、小林氏は何処か昔話を思い起こさせるような懐かしい手触りを感じさせます。どちらも素晴らしい作家なのは違いないですが、後は好みで好き嫌いが分かれると思います。ガチガチ文系脳の私は小林泰三が読んでいてシックリきます。平山さんは今話題の人なので、彼の作品を読んで面白かった方は小林氏の作品を読んで読み比べてみて下さいね。

  

|

« SFティストのホラー | トップページ | 飲む事、書くこと、演奏する事 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 似て非なるもの:

« SFティストのホラー | トップページ | 飲む事、書くこと、演奏する事 »