« 確実に敏腕シナリオライターが裏に居る | トップページ | 40にして窓枠 »

2007年9月15日 (土)

短編>長編

一度でも小説家を志した人なら分ると思いますが、文章というのは長編より短編を書くほうが難しいとされています。限られた文字数の中で伝えたい事を表現しきるというのは相当の文才が必要とされます。私ごときには日記レベルの駄文を書くのが精一杯で小説を書くなんて夢のまた夢の世界です。短編小説の醍醐味は限られた文字数を逆手に取った意味深な終わり方という点にあると思います(結末を明確に説明せずに、読み手の感性に任せる面白さ)。女性の心の奥のダークな部分を書かせたら日本一(?)と言われる桐野夏生さんの短編集「アンボス・ムンドズ」を読んで、短編集の面白さを再確認しました。先ずはタイトルで興味を惹かれます。アンボス・ムンドスって何?と思うじゃないですか!調べてみるとハバナに実際にある老舗ホテルの名前で、意味は両方の世界(正義と悪とか裏表)という意味があるそうです。その意味通り女性の裏表や普段は隠れている悪意や嫉妬を桐野さんらしい視点で描いてあります。大人の女性の悪意は何となく想像出来るんですが、この本は少女と呼んでもいい子供の悪意も書かれています。正直男性が読むとチョットひくレベルの悪意です。男性と女性の根本的な違いをマザマザと見せ付けられる感じです。桐野さんはグロテスク三部作で女性のドロドロした部分を長編作品として発表していますが、この短編の方が出来栄えがいいのでは?と思う位の作品群です。作者がその気になれば幾らでも話を広げて長編作品に出来るくらいの作品もあります。短編をこれだけのレベルで書けるのだから、やはり才能がある人なんだと再認識しました。表紙に彩り鮮やかなキノコの絵が書かれています。如何にも毒キノコ。見た目の美しさに惑わされて迂闊に食べると毒にあたるよ!正しく美しい女性の裏側を表すにはピッタリのタイトルと装丁です。女性の本心を知る為に男子必読です。その際に女性に対するトラウマになっても責任は負えません。

|

« 確実に敏腕シナリオライターが裏に居る | トップページ | 40にして窓枠 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 短編>長編:

« 確実に敏腕シナリオライターが裏に居る | トップページ | 40にして窓枠 »