« AとIの違い | トップページ | アルバムの曲数なら更に名盤(「Young Bones」 Malia) »

2007年6月 7日 (木)

総てがマーケティング

マーケティングという言葉を知っていますか?広告業界や大学の経済科や経営科を卒業した人は当然知っている言葉だと思いますが、一般の人には中々馴染みの薄い言葉だと思います。簡単に説明すればマーケティングとは、何か物を売る時に行う戦略みたいなものです。私達が普段何気なく買い物をしているモノも、自分の意志で選んだ様にみえて実は巧妙に売り手の策略にのっている事が殆どです。身近な所ではスーパーでの「○時~から二割引き」とか「特売のピーマンの横に何気なく、お肉とチンジャオロースの素が置いてある」などは、よく使われる手であります。大多数の人は自然にお店の策略通りに買い物をします。昨日読んだ荻原浩さんの「噂」という本は、マーケティングの手法の中でも特に強力なWORD OF MOUTH略してWOM(口コミ)をベースにしたミステリーでした。如何にも宣伝という手法より、人の口コミの方が信用度も浸透率も高いです。私の住む愛知県では昔、とある銀行が潰れるという女子高生の噂から一気に皆に広まり、その銀行には預金を解約するお客が殺到し支店が潰れそうになるという嘘のような本当の話が実際に起こっています。この小説はその口コミを利用したマーケティングの波に便乗した殺人鬼の話です。本の帯にも「衝撃のラスト一行」という言葉がデカデカと書いてあります、よく考えればこれもマーケティングです。このコピーで何となく手にとる人は多いと思います。本の内容と合わせて確信犯的な戦略です。荻原氏の作品を読むのはこれで三冊目ですが、一作毎に作風が代わっていて非常に興味深い作家です。しかもどの作品もそれなりに楽しめます。ミステリーとしてはそれ程複雑でも新しくも無いですが、この警戒なタッチは荻原氏独特のタッチで楽しめます。さて問題の衝撃のラストですが、ん~ミステリーを良く読んでいる人にはそれ程衝撃では無い結果です。それでも帯びのコピーのお蔭で、最後までどんなラストが待ち受けているかワクワクして読めました。まんまと策略に乗っかっていたわけですね。作品としても、マーケティングの入門書としても楽しめる一冊です。

|

« AとIの違い | トップページ | アルバムの曲数なら更に名盤(「Young Bones」 Malia) »

コメント

こんちわ。昨夜はお会いできなくて残念でした。

件の某信金取り付け騒ぎについての
詳しい経緯が下のサイトにレポートされてて興味深いですよ。
この事件については(ほとんど)どこにも
悪意が介在していないところが恐ろしいところです。

http://www5d.biglobe.ne.jp/~DD2/Rumor/financial_demagogie.htm

投稿: 加藤篁 | 2007年6月 8日 (金) 12時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 総てがマーケティング:

» ☆★長澤まさみ 「おっぱい」CMで乳首見えちゃった!赤ちゃんが・・・ [☆★長澤まさみ 「おっぱい」CMで乳首見えちゃった!赤ちゃんが・・・]
☆★長澤まさみ 「おっぱい」CMで乳首見えちゃった!赤ちゃんが・・・ [続きを読む]

受信: 2007年6月 8日 (金) 13時17分

» 噂  荻原浩 [読書・映画・ドラマetc覚書(アメブロ版)]
噂/荻原 浩 荻原浩 新潮文庫 2006 STORY: 「ミリエルという香水をつけていると足首を切る殺人者・レインマンにあわない」という噂が流れる中、足首を切られた遺体が発見される。刑事の小暮は警部補の女性・名倉とともに捜査を始めるが・・・。 感想:  荻原浩は... [続きを読む]

受信: 2007年6月19日 (火) 11時40分

« AとIの違い | トップページ | アルバムの曲数なら更に名盤(「Young Bones」 Malia) »