« 「犬」から「猫」へ | トップページ | 卑怯だけど許す »

2007年5月17日 (木)

40男の刹那

先日ブログでも紹介した「孤独か、それに等しいもの」が余りにも個人的には大当たりだっので、作者である大崎善生さんの前の作品を総て読みたくなってしまいました。今まで気をつけて見ていなかったのですが、気にしてみたら古本屋に何冊かありましたので早速購入し読破しました。本日はフィクション作のデビュー作「パイロットフィッシュ」について書きます。主人公は40歳のエロ本編集者。彼の過去と現在の話が様々な形で交差しながら物語が進んでいきます。文中にもある「人は一度巡り合った人と、二度と別れる事は出来ない」というセリフに総てが集約されている内容です。主人公が出会った、元彼女・バーのマスター・エロ編集社の編集長・アル中の友達などが、様々な形で登場し意見を言い、主人公の心の水底に静かに沈殿していく物を残していきます。普段は忘れている物が何かのキッカケで、水底のドロを巻き上げながら記憶の水面に浮かび上がって来ます。主人公はその一つ一つを時に丁寧に、時に乱雑にすくい上げ感傷にひたったり落ち込んだりします。只その繰り返しが物語となっています。ストーリー的には新しい点や独創的な部分は感じられませんが、大崎さんの持ち味はやはり良い意味でのまわりくどい表現の仕方な気がします。流石にフィクション第一作目なので、荒さやストーリー展開に?な部分もありますが、才能を感じさせるには十分な作品だと思います。世間での評価も高く吉川英治文学新人賞を受賞しています。あとネットなどで文体が村上春樹氏の影響が物凄く感じるという人が沢山居ました。どうなんでしょうか?私は村上氏の作品を殆ど読んでいないのでよく分りません。分る人が居たら教えて下さい。個人的には「孤独か、それに等しいもの」を読んだ時程の感動は感じませんでした。明日は二作目「アジアンタムブルー」に付いて書きます。

|

« 「犬」から「猫」へ | トップページ | 卑怯だけど許す »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 40男の刹那:

» 【高橋 愛】やっとヌける!愛ちゃんマンスジ・マンゲの衝撃! [高橋 愛 ブログ ☆ ★]
高橋 愛(たかはし あい)、1986年9月14日生まれ。モーニング娘。の第4代メンバー福井県坂井郡春江町(現・坂井市)出身。出生地は福井市。血液型はA型。巨乳、巨乳と言われ続けてきましたが、どうでしょう?やっぱり僕らは下半身でヌくんじゃないですか?入手先は言えないですけど、あのいつもお世話になっている某カメラマンのPCから拝借してきました�... [続きを読む]

受信: 2007年5月17日 (木) 12時24分

» 古本市場の情報 [古本市場で感動共有]
最近は漫画喫茶の店舗もよく見かけるようになった 古本市場ですが、その魅力などの情報です。 [続きを読む]

受信: 2007年5月17日 (木) 14時06分

» 高橋愛 熱愛 [噂の熱愛 裏事情]
高橋愛 熱愛事情裏の裏。。。。やはり人の行く道には裏がある。。。 チョット覗いてみませんか???それならコチラがおすすめです。。 [続きを読む]

受信: 2007年6月 6日 (水) 01時59分

» パリス・ヒルトン★プライベートSEXフィルム衝撃流出 !! [パリス・ヒルトン★プライベートSEXフィルム衝撃流出 !!]
事の発端は引越しの際、倉庫に預けられていたパリス・ヒルトンと妹のニッキーの私物が、使用管理費の未払いを理由にオークションに掛けられ第三者の手にで渡り、更にそれらが某運営会社に約12億円で買い取られ、有料会員制のサイト内にて公開されるという事態に…。... [続きを読む]

受信: 2007年6月11日 (月) 00時57分

« 「犬」から「猫」へ | トップページ | 卑怯だけど許す »