« 遠回りする楽しさ | トップページ | 別の角度から見た甲子園 »

2007年4月 4日 (水)

Lか?Rか?はたまたWか?

二日に渡って「LONG GOODBYE」について書きましたが、偶然というかナイスタイミングで一冊の本を同時期に読んでいました。日本に数多く居るチャンドラー・フォロアーの一人東直己(あずま・なおみ)さんの「ライト・グッドバイ」という本です。私自身は東氏の本を読むのは今回が初体験ですが、ハードボイルド好きの方達の間では、北海道のススキノを舞台にした探偵シリーズは好評のようで、この本もそのシリーズの一冊だそうです。やはりタイトルに物凄く惹かれるものがあり読んでみました。内容としてはかなり軽めのハードボイルドという感じで、読みやすく一気読み出来ました(内容としては新しき点などは全くありませんし、謎や事件もそれほど大きくない為肩の力を抜いて読める感じです)。タイトルからして完全にチャンドラーの「ロング・グッドバイ」のパロディーと分る本ですが、タイトルが英語表記で無いのには理由があります。作品の最後にも出てくるのですが「ライト」の英語綴りは「Light/正しい」か「Right/軽い」のどちらであるかを明確にしてありません。本の内容にその辺の意味が隠されています。まーどちらの意味も含んでいるという事なんでしょうが、明確な答えを避けて読者に決めてもらおうという作者のお遊びみたいのものです。本家のチャンドラーを読んだ後だと軽さや薄っぺらさが気になりますが、紛れも無く作者はチャンドラーの影響下で作家になった一人です。大御所である矢作俊彦氏も「Wrong goodbye」というパロディーを書いています(まだ未読ですが何時か読みたいです)。これだけのパロディーが沢山作られるんですから、やはり本家レイモンド・チャンドラーは凄い作家なんでしょう。改めて実感しました。

|

« 遠回りする楽しさ | トップページ | 別の角度から見た甲子園 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Lか?Rか?はたまたWか?:

» 佐藤江梨子濃密ベッドシーン映画『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』 [佐藤江梨子濃密ベッドシーン映画『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』]
画像 動画 [続きを読む]

受信: 2007年4月 4日 (水) 18時15分

« 遠回りする楽しさ | トップページ | 別の角度から見た甲子園 »