« 算数でなくて数学 | トップページ | 日本びいき(「CHARADE」 Holly Cole) »

2007年3月17日 (土)

素材は違っても味は同じ

気になる作家の本は、通常はなるべくなんですが出版順に読んでいきます。古本屋で殆ど購入するので古いものからしか手に入れられないというのが実状というのもあるのですが、なるべくそのその作家の成長する姿を作品を進める毎に感じたいという気持が強いからでもあります。しかし様々な理由で逆に遡っていく読み方をしていしまえう事もあります。このブログでは三回目の登場となる五十嵐貴久さんの「交渉人」を読みました。五十嵐さんの作品は「リカ」→「FAKE」→「1985年の奇跡」と読み進んできました。デビュー作こそ一番初めに読んだのですが、その後は遡る形で今回のデビュー二作目に辿り着きました。一作ごとにネタが全く変ります。ホラーありコンゲームあり青春あり。そして今回の作品はタイトルから分るように警察の交渉人の話です。二年前くらいの大ヒット映画真「交渉人 真下正義」のお蔭で、日本でも交渉人というのがどういった役割をするのか一般的に知られる事になったと思います(あの映画の交渉人が実際のネゴシエーターの仕事と同じだとは思いませんが、犯人を説得するという役割ということは理解出来ると思います)。さてそんな日本でも浸透しつつある時期に書いた作品ですが、結果的には少し薄っぺらい作品な気がします。あまりにも予定調和過ぎるし現実味が薄い印象です。小説なんて虚構の世界ですから嘘八百でいいんですが、その嘘の世界を本当のように楽しませてくれるのが楽しいんです。リアル感と虚構の世界どっちつかずだと読んでいて作品との気持いの悪い距離感を生んでしまいます。私にはそう感じてしまいました。遡り読みの為仕方ないですがやはり二作目という感じは否めませんでした。しかし五十嵐さんの作品は嫌いでは無いです(現にこうして探しては読んでいますから・・)。どの作品も素材は違うのですが味付けは似ている気がします。この軽いテイストが持ち味だということは分りますので、何かもう一つこれだ!という形が出来ると本当に大化けする作者だと思います。

|

« 算数でなくて数学 | トップページ | 日本びいき(「CHARADE」 Holly Cole) »

コメント

こんばんは。五十嵐貴久です。ちなみに本物です。
「交渉人」感想ありがとうございました。
さて、そんな五十嵐ですが、ミステリーも書いておりまして、つい先日出しましたのが、「シャーロック・ホームズと賢者の石」というタイトルの本です。なかなかユニークな出来だと自負しておりますので、よろしかったらお読みください。光文社、カッパノベルスより、ただいま絶賛発売中でーす。では、五十嵐でした。

投稿: 五十嵐貴久 | 2007年6月21日 (木) 22時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 素材は違っても味は同じ:

« 算数でなくて数学 | トップページ | 日本びいき(「CHARADE」 Holly Cole) »