« 自分らしく在り続ける事の難しさ | トップページ | 人は周りに居る人を見ればわかる(「Fight or Flight」 Kellylee Evans) »

2006年10月 6日 (金)

一応断っておきますが、島木ジョージとは何の関係もありません!

大阪吉本新喜劇のコテコテギャグ親父島木ジョージの一発ギャグと、犬が齧る人工的に造られた骨の玩具の意味を持つタイトルの本を読了しました。その名も「チューイング・ボーン」という本です。この本は第12回ホラー大賞の長編賞を受賞した作品です。ホラー大賞と言えばこの所短編の傑作ばかりが目立ち、長編は今ひとつの印象でした。しかし何故かこのホラー大賞の文庫は古本屋に並ぶのが早く(初版から文庫だからですかね)、見つけてしまうとやはり読まざるを得ない気持ちになりこの本も即買い即読しました。結果は???。何故この作品がホラー小説なんでしょうか?少なくとも私には恐怖は感じられませんでした。確かに文章の書き方は新人にしては枯れた味わいのある文章です。審査員の林真理子も「文章によって、これだけの緊張感を持たせられるのはたいしたものだ」と書評を書いてます。いきなり謎から始まります、その部分はイイのですが如何せ次の展開までの時間が異常にツマラナイ。謎が解けても何となくシックリこないし、勿論ミステリーの様な大どんでん返しもありません。ひたすら自分の内面に問い掛ける主人公の苦悩があるだけです。審査員も言ってますが作者である大山尚利(おおやま なおとし)さんはホラーというより純文学向きの作風が似合っていると感じます。切々と内面を文章に代える手だれさは確かに新人離れしています。その点を顧慮すれば受賞は何となく分りますが、ホラ-大賞の分野にはお門違いな気がしました。恐怖は確かに人それぞれ違いますが、読者に伝わらなければ意味が無いと感じます。純然たる小説界には期待大の新人登場ってところですか・・・。

|

« 自分らしく在り続ける事の難しさ | トップページ | 人は周りに居る人を見ればわかる(「Fight or Flight」 Kellylee Evans) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一応断っておきますが、島木ジョージとは何の関係もありません!:

« 自分らしく在り続ける事の難しさ | トップページ | 人は周りに居る人を見ればわかる(「Fight or Flight」 Kellylee Evans) »