« Stingへのオマージュ的小説 | トップページ | 小人達の大騒ぎ »

2006年8月 9日 (水)

同音異小説

昨日五十嵐貴久氏の「FAKE」に付いて書きましたが、本日は同じ「FAKE」というタイトルの違う作品について書きたいと思います。五十嵐氏の「FAKE」という作品が読みたくて古本屋を巡っていた所、五十嵐氏の作品を見つけたと同時に同じタイトルの作品を同時に見つけました。これはブログのネタになると喜んで購入した一冊です。作者は楡周平(にれ しゅうへい)と言います。楡氏は「Cの福音」や「クーデター」など規模の大きな国際陰謀物を得意とした作家です。この「FAKE」という作品は所謂コンゲームを小説にした軽快な切り口のエンターテイメント小説です。ハッキリ言って楡氏の他の作品に比べると読み易いだけの深い印象は受けませんが、一気読み感はありました。昨日紹介した五十嵐氏の同名小説よりはリアル感がありました、しかし面白さやどんでん返し感は五十嵐氏の作品の方に軍配があがります。楡氏は何故この作品を書きたかったんでしょうか?私には到底理解する事は出来ません。昔からの楡氏ファンは不満がある作品かもしれませんね。それでも軽いタッチで進むコンゲームは小説としては十分楽しめます。同じタイトルの違う作品を続けて読むのも楽しい物ですね。

|

« Stingへのオマージュ的小説 | トップページ | 小人達の大騒ぎ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 同音異小説:

« Stingへのオマージュ的小説 | トップページ | 小人達の大騒ぎ »