« 既成の規制に奇声をあげる | トップページ | シュール過ぎて笑えます »

2006年8月27日 (日)

発火しませんでした

私が常日頃好きでいるミステリーや音楽・映画の世界は物凄く大変な世界です(私如きが言うまでの事でもありませんが・・)。物凄くイイ作品を残しても次にそれ以上に物を求められる終わりの無い戦いです。勿論読む方や観る方は勝手なもので評価を自分の価値観のみで決め付け批判したりします。私は愛情があればその批判は作家や監督の次回作へのやる気になると信じているんで時折厳しい言い方をしたりします。本日もそんな話です。昨日読了したのは大好きな作家真保祐一氏の「発火点」というミステリーです。ストリーは最近ブログに書いた乃南アサさんの「風紋」「晩鐘」野沢尚さんの「深紅」と同じく、過去に家族を殺された主人公の成長物語です。事件がキッカケで様々な事が上手くいかなくなり、性格も捻じ曲がり自分の周りを傷つけてばかりいる主人公が、過去の事件と向き合う事により成長していくという感じの物語です。及第点は取れている作品だと思いますが、真保氏の作品としては今一つ所か今二つです。先述の乃南さんの作品と比べると足元にも及びません。元々真保氏の良さはじっくり人間を書き込む所にあると勝手に思っています。今回は主人公の書き込みがあまりにも薄い気がしました(乃南さんを先に読んでいたから特に感じたんだと思います)。偶然かもしれませんが私がここ最近読んだ真保氏の数冊(黄金の島)(ボダーライン)がどれも同じように薄く感じていました。大好きな作家だけに本当に惜しいです。人気が出て作品依頼も締め切りも大変になって来たんだと思いますが、寡黙な作家でもイイのでじっくりイイ作品残して欲しいものです。作家の苦労や気持ちも知らないのに勝手な事言いますが、大好きだからこそ苦言をという読者の気持ちも分ってください。同時に「繋がれた明日」もGETしました。さてこの作品の印象は・・。後日このブログで書きたいと思います。

|

« 既成の規制に奇声をあげる | トップページ | シュール過ぎて笑えます »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 発火しませんでした:

« 既成の規制に奇声をあげる | トップページ | シュール過ぎて笑えます »