« 今だからこそ分かる事 | トップページ | 混ぜるな危険!!! »

2006年7月19日 (水)

小説家一人

昨日紹介した岡嶋二人のコンビ解消後に井上泉氏は井上夢人として定期的に作品を世に出しています。個人的には先に井上氏の個人的作品から読み始めて岡嶋二人作品を遡った感じです。総てミステリー風の作風ですが少し角度の違う作品が多いかもしれません。順に挙げると「ダレカガナカニイル・・・」「プラスティック」「パワー・オフ」「風が吹いたら桶屋がもうかる」「メデューサ、鏡をごらん」「オルファクトグラフ」などです。短編集や新作は未だ未読なので読んだ作品だけ羅列してみました。どの作品も軽いタッチで読み易いのが井上氏の持ち味だと思います。何処か超能力的な仕掛けがあるのも特徴かもしれません。私個人としてはミステリーマニアと超能力者が事件を解決する「風が吹いたら桶屋がもうかる」と、井上氏にしては珍しくオドロオドロしいホラーミステリー「メデューサ、鏡をごらん」がベスト作品です。どの作品も映画化やドラマ化されやすい感じの作品です。二人でやっていた時より肩の力が抜けた感じがして読んでる方もリラックスして読めます。二人だから出来た事、一人だから出来る事。良さはそれぞれ違いますが、どちらも良さがありますね。

 

|

« 今だからこそ分かる事 | トップページ | 混ぜるな危険!!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小説家一人:

« 今だからこそ分かる事 | トップページ | 混ぜるな危険!!! »