« 小説家一人 | トップページ | 地球の裏側の現実 »

2006年7月20日 (木)

混ぜるな危険!!!

映画業界では良くある事ですが、1本の映画が流行ると暫く雨後の竹の子の様に似たような映画が乱発されます。そしてスタイルやタイトルだけ似ているだけで内容は目もあてられない程酷いものが多いのが実状です。最近の例ではこんな物があります。低予算ながら一ひねりあるストーリーと映像感覚で大ヒットした「SAW」というサスペンス・ホラー映画がありました。私も何の期待もせずに観たら異常に面白かった記憶が未だに残っています。この作品のヒット経て内容や元のパッケージも全く違うのに、少し変わったサスペンスというだけで同じようなデザインのパッケージの映画が乱発されました。当然「SAW」を観て面白かった人は何本か騙されて借りるわけです。私が今思いつくだけで「パズラー」「5・ファイブ」「シャッフル」「ナッシング」「HYDE」「ギルティー」「less」「エクスペリメント」などがあります。どれもレベルの低いミステリー仕立ての映画ばかりなんですが、パッケージは明らかに本家のSAWを意識したつくりになっています。酷いのになると全く続編でも何でも無いのに「SAW,ZERO」なんていう、知らない人が観たら続編と思って間違えて借りてしまう紛らわしいタイトルまであります。配給会社の策略ですね。駄作が山のように続いた後に満を持して正統な続編「SAWⅡ」が登場しました。流石に正統な続編だけあってそこそこ楽しませてくれました(それでも一作目よりはかなりレベルは落ちますが・・)。美味しい話には皆群がりますね。更に怖い事はこれらの観る価値の無い駄作類似品を総て私が観ている事です。私は一体何者なんでしょうか?それが一番のミステリーかもしれません・・・・。

    

|

« 小説家一人 | トップページ | 地球の裏側の現実 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 混ぜるな危険!!!:

« 小説家一人 | トップページ | 地球の裏側の現実 »