« 心が折れる時 | トップページ | リオ・デ・ジャネイロの今(「Ponto de partida ”Rio de janeiro”」 GIRA MUNDO ) »

2006年6月25日 (日)

SかMかの指標になる本

第三回ホラーサスペンス大賞受賞の佐藤ラギ氏の「人形・ギニョル」を読了しました。前情報とタイトルで何となくSM系の話とは分っていて読んだのですが、そのままSM話でした。ただ今までのこういった系の作品とは少し違う印象を受けた稀有な作品でもありました。簡単にストーリーを説明すると「想像の世界だけでSM変態系の物語を書いている主人公がある日人から人形(ギニョル)と呼ばれる少年がいる事を教えられる。その少年は何をされても人形のように何も言わないという。興味を持った男は少年を見つけ家に連れて帰る。その少年のお尻には刺青が掘ってあり。この少年は邪悪なる世界の者・二度と近づいてはならない。みたいな警告が書かれている。自分にSの気は無いと思っていた主人公だが少年の持つ不思議な力により加虐性に目覚め何時しか少年を監禁し手放せなくなる。その行く末は・・・」という感じです。ホラーかと言われれば?サスペンスかと言われれても?はっきり言ってジャンル分けの難しい作品であるのは間違いないです(前半は少しホラーサスペンスの香りもありますが・・・)。この作品を読んで読み手側がどちらの感情に引き込まれるかによってその人の持つ本性がSかMか分ると思います。ストーリーや落ちはマダマダ全然駄目かもしれませんが手触りはイイ作品だと思います。監禁される少年・その少年に心が囚われる主人公・そしてその物語に嵌まり込む読み手。総てが何かに囚われていきます。そういった意味では凄い作品かもしれません。次作に期待!

|

« 心が折れる時 | トップページ | リオ・デ・ジャネイロの今(「Ponto de partida ”Rio de janeiro”」 GIRA MUNDO ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: SかMかの指標になる本:

« 心が折れる時 | トップページ | リオ・デ・ジャネイロの今(「Ponto de partida ”Rio de janeiro”」 GIRA MUNDO ) »