« アフリカ産まれ海外育ち | トップページ | 今一番人気のギターリスト »

2006年4月29日 (土)

世界を操作しているのは一握りの人間

昨日「ペトロバクテリアを追え!」を読了しました。この作品は「イントゥルーダ」という作品で第16回サントリーミステリー大賞&読者賞をW受賞してデビューした(高嶋哲夫)氏の作品です。高嶋氏の作品を読むのはデビュー作「イントゥルーダ」以来の二冊目です。ストーリーをザッと説明すると(主人公の勤める研究室では有機物質から石油を作り出すバクテリアを発見します。これが完全に解明できれば世の中の資源は無限になり平和が訪れると喜んだのもつかの間、石油を裏で操作するアラブの一族が刺客を送り込みます。そこに研究を盗もうとする同業者や世界を裏で動かしている蔭の組織が絡んで様々な人間模様を浮き彫りにします。そんな中ペトロバクテリアの欠点が発見されます。人間の体に入ると人間までも石油に代えて殺してしまうという事実です。このバクテリアに犯された刺客と主人公の息詰まる戦いがクライマックスとなります)。後半のたたみ掛ける様な展開。何時死ぬかも分らない刺客の時間との戦い。かなりドキドキさせられます。超名作とまではいきませんが十分楽しめました。ネットの書評では高嶋氏のファンは他の作品の方が名作だと言っている方が多いす(スピカなど)。以前の作品も読んでみようと思います。

|

« アフリカ産まれ海外育ち | トップページ | 今一番人気のギターリスト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 世界を操作しているのは一握りの人間:

« アフリカ産まれ海外育ち | トップページ | 今一番人気のギターリスト »