« 責任人者が三人居ると大変! | トップページ | 類似品に注意! »

2006年1月 4日 (水)

短いからこそ分かる実力

今年の年末年始はお店のほうが予想外に忙しくてんてこ舞いの日々でした。マイペースで仕事をするタイプの私はリズムが狂い精神的にも体調的にもキツイ日々でした。そんな騒がしい日々の中でも活字中毒気味の私は短い時間でも終了できる短編を幾つか読破しました。乃南アサ「からだ(実際は難しい漢字です)」・白川道「カットグラス」・乙一「夏と花火と私の死体」です。その中で一番凄いと思ったのが真保裕一の「ストロボ」でした。真保氏は一般的には日本版ダイハードと呼ばれる「ホワイトアウト」で有名な作家ですが、他の作品は以外に地味な作品が多いです。しかしその地味さが私には堪らなくイイんです。小役人シリーズといい大傑作の「奪取」といい業界初(?)の選挙小説「ダイスをころがせ」など良い作品が沢山あります。この「ストロボ」という話はカメラマンである主人公の現在から過去へと逆に進んでいく連作短編小説です。カメラマンという職業を通して知り合った人や出来事を丁寧に書き込んであります。どの話もジンワリ良さが染み込む話達です。書評なんかでも短い話のほうが本当の実力が出ると良く言われます。まさしくその通りだと思います。真保氏は良くこうも言います「通常小説のテーマに選ぶ事は突飛な話だったり異質な世界の人だったりするんでしょうが、私は普通の仕事の普通の人を丁寧に描いていきたい」と。普通の人を描くには相当の筆力がいりますよね。トンデモナイ小説も大好きですが、何気ない日常の話も大好きです。短い文章に込められた思いは頭の中でかなり長い物語として広がります。

|

« 責任人者が三人居ると大変! | トップページ | 類似品に注意! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 短いからこそ分かる実力:

« 責任人者が三人居ると大変! | トップページ | 類似品に注意! »