« ブログ史上初試み あのNEWSの続編 | トップページ | 大晦日ですが仕事です »

2005年12月30日 (金)

「笑わせる側」を「笑わす」人達

毎年この時期に必ず放送する特番で私も必ず録画して見る番組があります。それは「笑ってこらえて 村人グランプリ」です。通常は所さんの番組で週に一回ダーツがささった日本の田舎町にスタッフが出向き出会った村人にインタビューをするというコーナーです。これが実に面白い。天然なのか純粋なのか狙いなのか、全く分からない不思議おじちゃん・おばちゃん達の大集合です。その一年間の総集編ですから面白くないわけがありません。昔の放送で強烈に覚えているのは自分の話す言葉の語尾に「だす」という言葉をつけるおばちゃんが居ました。スタッフが「だす というのはこの辺の方言なんですか?」と聞くとおばちゃん真顔で「だす って何だろう?」と。エクセレント!またカメラを写真と勘違いして何を聞いてもじっとカメラを見つめて動かないおばーちゃんとか、東京から来たというスタッフに「盛り場から来たか!」というおばーちゃん。総て素晴らしい天才肌の方々です。今回も楽しみにしてました。今回は地元豊橋の渥美町のおじいさんも登場しました。チャックが開いているおじちゃんにスタッフが開いてる旨を伝えると「これは開けてあるだ。いっぺん見せようか?魔物だでよ」と。ブリリアント!そして今年の私的に大ホームランは98歳のおばーちゃんに「健康の秘訣は?」と聞いたら(耳が遠いそうで)、「結婚?」「血行?」「鉄鋼?」の素晴らしい三段落ちをみせてくれました。「鉄鋼」はどう考えても浮かばないでしょう!素晴らしすぎて涙が出ました。何時も言いますが野には天才肌の方がまだまだ沢山います。

|

« ブログ史上初試み あのNEWSの続編 | トップページ | 大晦日ですが仕事です »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「笑わせる側」を「笑わす」人達:

« ブログ史上初試み あのNEWSの続編 | トップページ | 大晦日ですが仕事です »