« 笑われてもいいとも! | トップページ | 小物にこだわる男 »

2005年12月13日 (火)

野には未だ発見されていない天才肌が居る!

世の中には笑わせようと思っていないのに第三者からみると強烈に面白い人間が存在します。それも天才的に凄い人が。お酒を出す商売をやっているからそんな人種に会う確率は非常に多いです。例えばある日の会話。公園の前にある私のバーボンバーでの事です。どうみても浮浪者ぽい老人が初めて入店して一言。「マスター!ここはツケきかないか?」「うちはツケやってないです」(初めて来た如何にも怪しい人ですから特に無理ですよね)「そうか俺は別に怪しい者じゃ無いぞ!前の公園に棲んでる者だから」「・・・・」絶句ですよね。何処か論点がずれています。酔っているお客さんの面白い逸話は数え切れないですが、昨日ランチに行ったとある中華料理店で隣に座ったオジサンが久方ぶりに天才だと思わせてくれました(勿論素面ですよ)。二人組みで来店したオジサンは自分が中華料理に詳しいと豪語しながら席につきました。店員が「今日のランチはホイコーロです」と言うとオジサンは得意げに「あーあの玉子を使った料理ね」と。店員「違いますけど?」オジサンすかさず「豆腐を使ったのね」と。その後幾つか間違った後シビレを切らした店員が「違います。豚肉とキャベツの味噌炒めです」と。まるで漫才のかけ合いのようにテンポ良く交わされた会話は天才肌としか思えない程完成されていました。横で聞いていた私は面白いのを通り越して感心してしまいました。野には未だ未だ発見されていない天才が居る!そう確信して中華料理店を後にしました。恐るべし野風僧親父!中華料理詳しいならホイコーロぐらい知っておけ!

|

« 笑われてもいいとも! | トップページ | 小物にこだわる男 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 野には未だ発見されていない天才肌が居る!:

« 笑われてもいいとも! | トップページ | 小物にこだわる男 »