« 約束してるわけでは無いのですが・・・。 | トップページ | 「笑い」という名の格闘技 »

2005年12月25日 (日)

チッチキィチィーな小説

今年最後にして物凄い作家に出会った気がします。その名も「伊坂幸太郎」さんです。デビューは2000年の「オーデュポンの祈り」という作品です。未来を予言できる案山子を軸にした架空の世界の話です。はっきりってよく分からない話でした。ミステリーというくくりにも入らない不思議な物語でした。正直完成形ではなかったし万人向けの本では無い印象がありました。その解説に奥泉光氏がこんな事を書いてました。「そもそも小説とは、それが何であるかを名指しできない何かなのであり、(これはいったい何であろう?)と思わせるものこそが最も小説の理想に近いと言える」と。納得してしまった。確かに最近の小説は型にとらわれすぎな傾向にある気がします(それの方が判り易いし売れますからね)。その点この「伊坂」氏は型破りです。デビュー作にしてその要素はありました。しかし読み物として完成していたかというと疑問が残りました。昨日読み終えた二作目「ラッシュライフ」はかなり進歩していました。全く関係ない5人が所々でリンクしていく様は素晴らしいの一言です。先日読んだ貫井氏の「修羅の終わり」も凄いと思いましたが技術では伊坂氏の方が数段上です。まるで映画の様なニアミスのオンパレードです。読んでいてニンマリさせられる個所が山のように出てきます。で結局何が言いたいの?という点をつかれると少し弱い気がします(未来は神様のレシピで決まる という事が主題みたいですが)。しかしそんな主題なんて事させどうでもイイ位の小説です。恐ろしい新人が現れました。既に刊行済みの次作「重力ピエロ」は直木賞候補にもなりミステリーファン以外からも評価が高いそうです。あー早く読んでみたい!10年に一人の大器と言い切ってもいいぐらいのニュータイプの小説家です。

|

« 約束してるわけでは無いのですが・・・。 | トップページ | 「笑い」という名の格闘技 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: チッチキィチィーな小説:

« 約束してるわけでは無いのですが・・・。 | トップページ | 「笑い」という名の格闘技 »